受講者の声 

「実践での効果」

・衣装(中級セラピスト養成講座では衣装を含めたパフォーマンスすべてを、おひとりずつカスタマイズします)に興味津々で「あらキレイね」と言われたり、触られたりしました。初対面の女性は少々斜に構えていましたがシナプサイズ®を人一倍楽しまれ「普段一人だと体を動かさないから、今日はとっても楽しかった」と仰ってくださいました。
                                            (認知症デイサービス勤務)

「初級1DAY講座」をご受講くださった方々の声の一部

・楽しいですね、やっぱり!!(看護師)

・リズムに乗せて体を動かす事が苦手なので、どうにか形にしてゆきたいです(看護師)

・認知症の進み方(介護度)により対応が違うが、同じようには楽しめないように思う

・まず自分が楽しみたい、開放されたいと思った(介護職)

・シナプサイズ®の一つ一つに意味があり、自分の表現方法を見つけ出したいと思いました(介護職)

・利用者様の笑顔(大笑いでなく微笑)を引き出したい(介護職)

・衣装とかについて、たくさん聞けて楽しくやりたいと思います(看護師)

・楽しかったです!CD聞いてシナプサイズ®してみます!(介護福祉士)

・(使用している衣装のデザイナーの)考え方、それと身に纏って出るという考え方がとっても素敵だと思いました(介護士)

・声の表現塾、、、気になります(介護士)

・このまま続けて行ってもいいですか。中級受けてみたいと思いました。変わっていきたいです(会社員)

・パフォーマンス、トークの表現方法がやはり難しいですね。回数を重ねて実践してゆき見つけられるのでしょうかね(看護師)

「中級・認定インストラクター講座」リアクョンペーパーより

 

初日座学

 ・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ぼんやりと知っていたが役割がはっきり分かりました。

 ・カウンセリングマインド、ヒューマニックアプローチが面白かった。自分を掘り下げる作業を楽しみながら行いたい。

 ・リハビリテーションの種類や個人と集団の基本的知識を知ることができ今後のシナプサイズ実践に役立てたい

 ・(心構えとして)”恥ずかしさ”が一番の課題です。今回の研修で克服目指します。

 ・自分を表現、書き出す作業で改めて自分を見直すきっかけとなり、カラー、スタイル、決められたらいいです。

 ・「笑い」の効果を再認識していきたい。

 ・「自分を知る」・・・ことからの気恥ずかしさ、でもここから楽しく生きていく人生が始まるワクワク感をもちました。

    ・専門学校の音楽療法の授業ではタンバリンやカスタネットを使ってレクをすることがありました。それに意味を見出せず疑問

  を持っていました。シナプサイズでは受講者の皆さんが始終楽しくしていて「これぞ音楽療法!」だと思います。

 

2日目~5日目パーソナルトレーニング 

 ・実演は緊張しましたが、利用者が楽しめる、楽しく驚くパフォーマンスを目指したいです。

 ・(実演は)人生初のオーディションのようだった。自分の人生結構いいものだと思える。がんばって変わってゆきたい。

 ・(授業が)「表情を作る」「表現」「声の張り方」に入り大変です。ついて行けず不安がまたどっと押し寄せてきています。

   しかし、これをできるようにしないと表現のふり幅につながらないので頑張って練習してきます。

 ・健康な体を作っておくことが全てのやることのために必要だ。自分の身体を大事にしていきたい。楽しむために。

 ・声に張り、はっきりとした発音は大事。

 ・フェザータッチと呼吸法、簡単にできるのに体が喜ぶ魔法のエクササイズですね!

 ・セルフケア、リンパの流し方参考になりました。

 ・人前での実演、途中から頭真っ白で最終日までにどう変わるか!!伸びしろ見せたいと思います!!